SEGA GOLFCLUB Network ProTour

最終更新日:04年7月21日

実施期間

実施場所

04年5月15日〜21日

池袋GIGO

04年7月17日〜23日

渋谷GIGO
クラブセガ秋葉原

SEGA GOLFCLUB Network ProTourのロケテ案内

池袋GIGO店頭に貼ってあったロケテ案内です。


SEGA-AM2開発のゴルフゲーム登場です。今回4台稼働していまして、スタッフもついてアンケートをとっていました。

◆このゲームの特徴など

  • 筐体は『セガネットワーク麻雀MJ2』と同じです。操作はタッチパネルと、テーブルについているゴルフクラブ型クラブスイッチで操作します。
     
  • メンバーズカードを使ってプレーヤーの記録を残すことできます。カードは1枚300円で販売されていました。1プレイ200円で、ショット回数というのがプレーヤーに与えられています。ゲーム中にショットを打つたびに回数が減っていき、無くなるとゲームオーバーです。
    コンティニューでクレジットを再投入することで、12ショット与えられます(コンティニューは100円かな?未確認です)。全18ホールまわるには、パーでまわったとしても最低でも700円以上はかかるでしょうか?(スタッフの話によると、「約1,000円ぐらいでしょうか」、とだいたいの目安を教えてくれました)
    コンティニューしない場合、カードを使った次のプレイは、前回ショット回数が無くなった場面からスタートします。

  • ゲームモードとして、「一人で遊ぶ(ライバルと対戦)」「公式大会」「店内対戦」がありました。「公式大会」はまだ選べませんでした。

  • 初めてプレイする場合、最初にプレーヤーの登録をします。キャラクターの顔を選んでから、頭・上半身・下半身・能力を選びます。頭などは、ファッションコーディネーションで、能力はプレーヤーのタイプを選びます。バランスがとれているタイプ、パワー型など、様々な能力をもったプレーヤーに仕立てることが可能です。
     
  • その後コースに出てプレイするか、もしくは「クラブハウス」に行くか選択します。「クラブハウス」はショット回数を使って、プレーヤーの成績チェックやキャラクターの変更等が出来るようです。コースに出てプレイする場合、どこのコースをプレイするか選択することができます(今回のロケテでは、1種類のコースしか選べませんでした)。
     
  • プレー画面は3D視点です。画面の下には「視点切り替え」「タイミングライン」「パワーゲージ」「クラブ選択」「打点切替」「スペシャルショット」「キャディ」が表示されていて、タッチパネルで操作できます。右上には「残り時間(0になると1回ショット回数を失う)」「ショット回数」が表示されています。左上には、風向きなどが表示されています。
     
  • ショットを打つときは、テーブルについているゴルフクラブ型クラブスイッチを使います。ますスイッチを手前に引くと画面下部にある「パワーゲージ」が伸びていきます。スイッチを動かしている間は、パワーゲージはオレンジ色でこの状態では未決定です。スイッチを固定してゲージが黄色になると、ショットパワー(飛距離)が決まります。
    また「パワーゲージ」の上には、「タイミングライン」というのが左右に動いていて、中心に近い位置に止めてショットするとナイスショットと表示され一直線に飛んでいきます。
     
  • 「タイミングライン」の位置によって、ボールの弾道が変わってきます。中心より左に打つと「フック」。中心より右に打つと「スライス」になります。
     
  • 「視点切替」は4種類あります。「通常視点」「上空視点」「前方視点」「グリーン視点」です。またグリーン上は3種類で「通常視点」「真上視点」「カップ位置視点」です。
     
  • 「打点切替」は、ボールにスピンをかけることができます。「TOPSPIN」「FADESPIN」「DRAWSPIN」「BACKSPIN」の4種類で、「TOPSPIN」は低弾道で着地後に進行方向に強く転がるもの。「BACKSPIN」は、高弾道で着地後に逆方向に転がるものです。
     
  • 「スペシャルショット」は5種類あって、ENERGYを消費して使用することができます。効果としては、「通常より飛距離が長くなる」「スピンが強くなる」「インパクトの範囲が広くなる」「グリーンに着地した後、強烈なスピンでカップに向かう」「グリーン上でパットの予測ラインが出る」。
     
  • プレイ中「Point」があって、これが貯まっていくとアイテムがもらえます。1ショット打つたびに随時ポイントが入っていきますが、例えばフェアウェイに載せたり、ナイスショットを決めたり、ナイスアプローチを決めると、通常より高いポイントが貰えます。逆にバンカーにはまったりすると、通常より低いポイントになってしまいます。さらにホールアウト後、「パー」「バーディー」などによってポイントがたくさん貰えるチャンスがあります。
     
  • またゲーム中に「Challenge」と表示されることがあります。これは特定の条件が表示され、それをクリアすると、ボーナスポイントが貰えます。例えば「200ヤード以上とばして、フェアウェイにのせる」などがあります。
     
  • 上に書いたアイテムは、18ホール終了後貰えます。ゲームを中断して途中から遊ぶ場合、続きをプレイしないで最初から遊ぶとアイテムが貰えないので注意が必要です。アイテムは帽子やウェアなど、ファッションアイテムが貰えましたが他にもあるかも?
     
  • 今回のメンバーズカードは、ロケテ専用なので製品版では使用できません。

※7月17日〜23日のロケテストの仕様

  • 5月のロケテストバージョンと大幅に変わった印象はありません。カードも池袋のロケテ時の物がそのまま使えますが、その時のデータは全て消去されます。 
     
  • ゲームモードのひとつ、「公式大会」で17日〜19日、20日〜23日までイベントが開催されています。
     
  • 前回はコースが1つしか選べませんでしたが、今回は2つ選べるようになりました。「太平洋クラブ・御殿場コース」がプレイできるようになりました。

※スタッフにお話を伺う機会がありましたので、そのときの質問内容や答えをまとめてみます。

質問1:ネットワークに対応する予定は?

回答:予定はあります、との事です。

質問2:使用している基板は?

回答:「Chihiro」です。

質問3:21日のプライベートショーに出展されるのでしょうか?

回答:詳しいことはわかりませんが、出展予定はない、との事です。

質問4:発売予定時期は?またロケテ期間はいつまででしょうか?

回答:まだ先になると思います。ロケテ期間は未定で、もうしばらくは置いてあると思いますとの事です。

メンバーズカード

メンバーズカードです。バーチャーなどと同様、使用回数制限あります。
カード更新によって別のカードにデータを引き継ぐことが可能です。

カードの裏面

カードの裏面です。


トップページへ