麻雀格闘倶楽部2 日本プロ麻雀連盟Ver.

03年1月22日更新

実施期間

実施場所

03年1月17日〜26日(?)

サントロペ池袋
シルクハット京急川崎
アミューズメントパークピア
AM-PARK BIGJOY
ニューヒカリ


今回の一番の特長は「日本プロ麻雀連盟」公認ゲームというだけあって、プロ雀士のCPUを搭載したり、公認段位認定があったりと、さらにパワーアップしています。ロペは24台麻雀格闘倶楽部が稼働しているのですが、今回はそのうち8台が「2」として動いていました。

◆ロケテスト杯について

「麻雀格闘倶楽部2 日本プロ麻雀連盟Ver.」のロケテスト開催店舗のみで行われる大会です。決勝戦には、なんと日本プロ麻雀連盟所属プロが参戦します。予選は、1月20日〜25日。決勝戦は、26日の12:00〜22:00です。詳しいことは、コナミの公式ページをチェックしてみてください。

◆新しくなった点など、ポイントは?

(1) 日本プロ麻雀連盟公認 全国東風リーグ戦

全国のプレーヤーと4人打ちの東風リーグ戦を行います。

(2) 日本プロ麻雀連盟公認 全国半荘リーグ戦

全国のプレーヤーと4人打ちの半荘リーグ戦を行います。

上の2つが今回の新モードで、初段以上のみプレイできます。このリーグ戦はプレーヤーの真の実力が証明されるモードで、日本プロ麻雀連盟で行われているものが採用されています。2つの独立したリーグがあり、1つのリーグが強さによってさらに7つ(AI、AII、BI、BII、CI、CII、CIII)に分かれています。プレーヤーは、2つのリーグどちらか片方でも、両方でも、自由に参加・所属することができます。7つのリーグのなかで最初に所属するリーグは、そのときの段位によって決まります。六段以上は、CIリーグ。三段以上は、CIIリーグ。初段以上はCIIIリーグからスタートします。

リーグ入替日までの「連続した10対局の最大合計ポイント」によって、「昇格」「降格」「残留」が決定します。

(3) 日本プロ麻雀連盟監修の下、CPUを完全強化!

日本プロ麻雀連盟の監修を受け、CPUの公認を取得。対人対戦のみならず、CPU戦も熱い!小島武夫や二階堂姉妹など、24名のプロ雀士のCPUが出場です。

(4) 日本プロ麻雀連盟公認段位認定

「東風リーグ戦」、「半荘リーグ戦」においてある条件をみたすと「日本プロ麻雀連盟公認段位認定」に挑戦することができます。ここで合格すると、「日本プロ麻雀連盟」発行の段位免状の取得権利を獲得できます。なお、段位免状の発行は有料となります。

※今回のロケテスト版でも、現在稼働中の「麻雀格闘倶楽部」のカードがそのまま使えます。ロケテ版のプレイで獲得した「オーブ・戦績」は、稼働中の現バージョンにも反映されます。しかし、リーグの階級、獲得した「級・段位」はロケテスト版のみ有効です。また、段位免状の取得権利も獲得できません。

◆おまけ

麻雀格闘倶楽部2のタペストリー

店頭に飾ってあった「麻雀格闘倶楽部2」のタペストリーです。

麻雀格闘倶楽部2のタペストリー(2)

タペストリーで今回のロゴの部分をアップしてみました。


トップページへ