beatmania IIDX 22 PENDUAL

最終更新日:2014年6月15日

実施期間 実施場所
14年6月13日〜15日 シルクハット川崎ダイス店

■筆者プレイ回数

6月15日 シルクハット川崎ダイス店で1回
ロケテスト期間内で合計1回プレイ

 
シルクハット川崎ダイス店の店頭にあったロケテストポスターです。


■beatmania IIDX 22 PENDUALの新要素について

PENDUALの新要素について、ボードとロケテストノートに明記されていました。原文そのまま(◎・※の箇所も原文ままです)で下記にまとめました。

1. R-RANDOMオプション

新たなゲームオプションとして「R-RANDOMオプション」が選べるようになりました。ターンテーブル以外の譜面のレーンをRANDOMにローテーションさせることができます。

正規譜面、MIRROR譜面を除いた計12パターンの配置からランダムに選択されます。2人プレーの場合は、どちらも同じパターンの配置が選択されます。

◎なかなかクリアできない曲もR-RANDOMオプションなら克服できるかも?

2. EX-COMBOオプション

詳細オプションの「判定文字表示」の項目で、プレー中のコンボ数の表示をEX SCOREに切り替えるようになりました。切替箇所は数字部分のみで、P-GRAET、GRAETといった判定部分はそのまま表示されます。

◎切れることなくどんどん増えるスコア表示の爽快感を味わってみよう!

3. EXPAND-JUDGEシステム

beatmania IIDXを始めたばかりのプレーヤーにも嬉しい、より遊びやすくなる機能ができました。ゲームオプション画面でテンキー3を押すことで、P-GRAET、GRAETの判定領域を通常の4倍に拡大することができます。

※EXPAND-JUDGEシステムを使用した場合、クリアランプ・スコアの保存はされません。

◎「えっ私のスコア低すぎ…?」そんなときはこれ!君もランカー気分を味わえるぞ!

■PASELIプレー専用特典

※PASELIの仕様はロケテスト限定仕様となります。

1. 選曲時間が2倍に増加!

PASELIでプレーすると、選曲時間が2倍の40秒となります。

※コインでのプレー選曲時間は20秒となります。

2. Vディスクがためられる!

ステージクリア条件を満たしていなくても次のステージに進める保証機能や、VIP PASS BLACKも使用することができます。

■ロケテスト期間中のゲームの外観・収録曲変化、ならびに難易度追加について

2日目・3日目のロケテストの様子をみていると、PENDUALでは日によってゲームの外観・収録曲の変化が見られました。2日目・3日目をみて確認できた範囲内でまとめてみました。

1. ロケテスト2日目は収録曲が3曲入れ替わりました

ロケテスト2日目にロケテスト初日に収録されていなかった3曲が収録され、その代わりロケテスト初日に収録されていた3曲が選択できなくなりました。

2. ロケテスト2日目は選曲画面背景色が「紫」の配色に変更されました

ロケテスト初日は選曲画面背景色が「白」だった模様(筆者は初日はロケテストを見ていません)ですが、ロケテスト2日目の選曲画面背景色は「紫」と変化がありました。

ロケテストポスターを見ると、上が「白」で下が「紫」と、対になっています。

3. ロケテスト3日目は一部収録曲にANOTHER譜面が追加されました

ロケテスト初日・ロケテスト2日目にANOTHER譜面が収録されていなかった3曲に対して、ANOTHER譜面が追加されました(ただし、1曲ANOTHER譜面が未収録の曲がありました)。

4. ロケテスト3日目は選曲画面背景色・収録曲がロケテスト初日の状態、もしくは2日目の状態になったりと、条件不明ながら変化がありました

ロケテスト3日目は、最初プレイしていた人の収録曲・選曲画面背景色はロケテスト2日目のものでしたが、次の人のプレイからロケテスト初日の収録曲・選曲画面背景色が「白」と、ロケテスト初日のものになりました。

またしばらくするとロケテスト2日目の状態になったりと、条件不明ながら変化している様子が確認できました。

筆者がプレイする数人前までは「白」でしたが、順番が近づきプレイ時には「紫」になっていました。それから1時間数十分後には再び「白」に戻りました。

■6月14日〜15日のロケテストの様子について

1. 6月14日(土)ロケテスト2日目の様子

ロケテスト初日は体調不良のため行けなかったため、今回は2日目から参加しました。事前に店舗から8時30分に整理券配布(番号はランダム制)は発表されていましたが、8時20分到着時点ですでに100人以上並んでいました。ひいた番号は「142」と本日中のプレイは難しそうだったので、この日はロケテスト見学に徹しました。



開店と同時にIIDX目当てのお客さんがいっせいに入り、筐体付近はあっという間に人だかりができました。ロケテスト2日目は、初日と収録曲が異なっていたり選曲画面の背景色が変わっていたりと変化がみられました。ユーザーさんもビックリしたかもしれません(私もあれっ?、と感じました)。

開店から1時間ぐらいすると徐々にギャラリーも立ち去って落ち着いてきましたが、それでも私が見ていた限りでは20人近くは周りで見ていたと思います。

PENDUALロケテスト筐体の左側には現バージョン「SPADA」が2台稼働していて、こちらも朝から途切れることなく人がついていました。なんとなくですが、上級プレーヤーが多かったように思います。

15時頃で整理券番号「40」の方がプレイしていたので、1時間で6〜7人のペースでまわっていたと思います。あと、シングルプレーはお友達・知人と2人で「フリープラス」でプレイしている方が多かったように見えます。

3. 6月15日(日)ロケテスト3日目の様子

この日は昨日より早めの7時40分頃現地に到着しました。この時間でもすでに40〜50人は並んでいたと思います。最終的には昨日同様、100人は超えたと思います。この日ひいた番号は「55」ということで、これなら夕方にはプレイできそうな番号でした。



この日も開店直後にあっという間に筐体付近はギャラリーができました。見ていてまず気がついたのが、一部楽曲にANOTHER譜面が追加されていました。これは過去のロケテストでも事例がありましたので、今回のロケテストでも同様のことが起きました。

もうひとつは、収録曲や選曲画面背景色がプレーヤーによって変化があったことです。最初のプレーヤーは昨日と同じ状態だったので今日も昨日と同じかなぁと思っていたら、直後のプレーヤーさんのプレイをみて選曲画面背景色が「白」になっていたので思わず「???」状態でした。

ロケテスト3日目は条件はわかりませんが、収録曲・選曲画面背景色が初日の状態になったり2日目の状態になったりと変化がみられるのが大きな特徴でした。製品版でも、このような変化がみられるのかもしれません。

筆者がプレイできたのは16時少し過ぎた頃でした。予想より早くプレイできたのは、前の番号で欠番があったみたいでそのため流れが昨日より早くなっていました。

4. ロケテストを振り返ると

beatmania IIDXのロケテストは毎作盛り上がりますが、今回も2日間見た限りでは大勢の人で盛り上がっていました。大勢のBEMANIユーザーが来たことで他の音楽ゲームも稼働率が高く、相乗効果もあったように見受けられます。

ゲームの感想・意見を書き込むロケテストノートですが、今回は最初から2冊用意されていました。前作まではこういうことはなかったのですが、多数の書き込み量を見込んでいたのでしょうか?実際、2冊ともかなりの量がびっしり書き込まれていました。ロケテストノートとは別にアンケートも用意されていました。

15日(日)は、コンポーザーであるL.E.D.氏が様子に見に来ていました。話しかけるユーザーに対して快く応対している様子が印象的でした(休日にも関わらず本当にお疲れ様です)。

新オプション「EXPAND-JUDGEシステム」を試してみましたが、気分転換には最高のオプションです。P-GRADE・GRADEの判定領域が4倍に広がるので普通に叩けばほぼGRADE判定が出て、しかもP-GRADE判定も出やすいので、ピカピカ光ってプレイしていて気持ち良かったです。

トップページへ