AOU2003アミューズメント・エキスポ

2月21日〜22日(21日は業者招待日)10:00〜17:00 幕張メッセ2〜3ホール

03年3月1日更新

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます

アミューズメントエキスポ2003に行ってきました。今回初めて、業者招待日にも足を運ぶことが出来ました。ここでは、会場の様子などをいろいろまとめてみようと思います。

◆コナミブース

●「ee'MALL」と「ee'MALL対応ポップンミュージック9」

まずは音ゲー関連ということで、「ee'MALL」と「ee'MALL対応ポップンミュージック9」についてです。

まず今回、「ee'MALL」で購入できる新曲に大阪のパスカのロケテバージョンからさらに5曲追加されました(間違っている部分があるかもしれませんので、その点をご了承ください)。

ジャンル

曲名

アーティスト

BPM

キャラ

N

H

EX

カレッジポップ

ペパーミントは私の敵

常磐ゆう

170

リゼット

17

26

35

beat punk

Moonlight prayer

Sana

159

ドナ

19

28

ジャパメタ

Craze for you

dj TAKA feat 百太郎

166〜333

Rose

20

33

GABHOP

Des-Row・組

170

ニャミ

22

35

CLOUD

5曲とも、レコードショップで1,000ポイントで購入できます。

今回AOUの「ee'MALL」は、事前にロケテ専用カードが用意されていて、コンパニオンがついてプレイ方法を説明してくれます。KONAMI IDとパスワードは適当なものを入れます。ポイントは2,000ポイントもらえます。あとはレコードショップに行くなり、アミューズメントであそんだり・・・。ee'MALL終了後は、隣のポップン9で早速追加した曲をあそべます。今回は、「ペパーミントは私の敵」「Moonlight prayer」「Craze for you」をプレイしました。「Craze for you」はほぼ全域、BPM333です。後半に一気に166まで落ちて、少したつと再び333に戻るのが苦しかったです(しかもクリアできなかった。33にしては、自分には難しかったです。)。

ee'MALLとee'MALL対応ポップン9

 

ee'MALLの看板

 

 

 

ee'MALL対応ポップン9のタペストリー

 

一般公開日のee'MALL対応ポップン9の様子

右下の写真は、一般公開日のee'MALL対応ポップン9の様子です。
20〜30人ぐらいいたでしょうか?朝からいっぱい人がいました。

●ギターフリークス9thMIX・ドラムマニア8thMIX

今回出展されていたバージョンは、ZYXなどのバージョンと同じもので新曲等は追加されていません。話題の新筐体の展示もありませんでした。(ただし、関係者に配られたカタログには新筐体の写真が載っていました。見せていただきましたが、筐体の脇が赤で塗られていて目に付きやすい印象です。)今回のポイントがまとめられていましたので下にあげます。

ポイント1 エントリカードがギタドラそれぞれ10種類!

あの曲のあのクリップが、カードデザインに!更にカードによって何かが変わる!

ポイント2 エントリカードで遊びが広がる!

  • 個人詳細プレーデータが記録できる!
  • プレースキルが判定される!
  • 多彩なランキングに参加できる!
  • いつも使っているプレースタイルが登録できる!

ポイント3 携帯サイトでクイズ企画スタート!

ギタドラクイズ企画がスタートします!携帯から応募し、スペシャルな待ち受け画像をゲットしよう!その他、スペシャルなデータも予定!

ポイント4 携帯電話対応機種拡大!

iモード、J-SKYに続き、Ezwebにも対応拡大!

また、ポップン9や麻雀格闘倶楽部のようにタペストリーができました。ギター、ドラム、それぞれあります。

ギター9th・ドラム8th

 

ギタドラ今回のポイント

 

 

 

ギター9thのタペストリー

 

ドラム8thのタペストリー

 

 

 

ドラムマニアの筐体上部

 

ギターフリークスの筐体上部

右上にカードデザインが載っています。左下のカードは、「ブレイクダウン」の絵柄です。
そして、左上には黒猫たん(CHOCOLATE PHILOSOPHYのクリップ内に登場)が!
これは嬉しいです。ぜひゲットしたいです。三毛猫たんのカードはないかな?

●クイズマジックアカデミー

私としては、今回のコナミブースで一番面白かったのがコレかな?魔法学校「マジックアカデミー」の生徒となり、賢者を目指すべく学校で様々な知識を身につけていく、クイズゲームです。もちろん、e-AMU対応です。

ゲームモードは、「オンライントーナメントモード」「バトルモード」「イベントモード」の3種類。「オンライントーナメントモード」は、全国オンライン対戦としてバトルやトーナメントなど行っていきます。「バトルモード」は、店舗内対戦でライバル3人とのクイズバトル。「イベントモード」は、各種大会に参加して自分の実力を試すものです。なお、今回のAOUでは「バトルモード」のみ遊べました。

クイズコンテンツとして、ジャンルは大きく分けて5つ。各ジャンルの中に様々なサブジャンルが用意されています。

  • アニメ&ゲーム→アニメ・特撮・ゲーム・玩具など
  • スポーツ→野球・サッカー・プロレス・競馬など
  • 芸能→TV・CM・映画・音楽など
  • 一般知識→雑学・ことば・動植物・料理など
  • 学問→地理・歴史・科学・文学など

クイズスタイルも「○×クイズ」「四択クイズ」「連想クイズ」「モザイククイズ」など、いろいろ用意されています。

また「マジックアカデミー」内には階級があり、トーナメント勝利者に与えられる勲章を集めることで昇級・降格していきます。最初は、「修練士」からスタートし、10級〜1級まで。次は「初級魔導師」に昇格し、同じく10級〜1級まで。最終的には「賢者」を目指していきます。

「麻雀格闘倶楽部」のように、ランキングの最新情報をセンターモニター画面に表示します。また、このセンターモニターには、カード券売機もいっしょについていました。

あと、展示されていたボードにまとめられていたポイントをあげてみます(多少、上とかぶる部分がありますが)。

様々な出題形式を収録

出題ジャンル×出題形式×難易度の組合せで、合計100種類以上の出題パターンを収録(予定)。

e-Amusement完全対応!

戦歴保存、各種ランキング大会への参加が可能。

出題データの継続的更新

一定期間は毎月新しい出題データを各店舗へ配信。

出題履歴管理

ユーザーが常に新鮮な問題に挑戦できるよう、重複した出題を避けるバランス調整を行います。

クイズマジックアカデミーの画面写真

 

クイズマジックアカデミーのロゴ

 

 

 

クイズマジックアカデミーのセンターモニター

 

クイズマジックアカデミーのポイント

 

 

 

クイズマジックアカデミーのエントリカード

クイズマジックアカデミーのエントリーカードです。

●r.p.m.RED TunedCarChampionship(アップ!)

e-Amusement対応のレースゲームです。正面にレース実況や各種情報を表示する大きなモニターが。そして、計8台の車筐体が設置されています。プレーの手順としては、まず専用のカード券売機でエントリーカードを購入します。これに、プレーヤーの基本情報が登録されています。エントリーカードを差し込み口に入れて、名前を入力します。アルファベットで5文字まで入力できます。次にマシンを購入します。車種を選び、色を選択(AOUでは色選択はできませんでした)します。しばらくすると、マシンカードが発行されます。

いよいよゲームプレイです。まず、筐体に付いているエントリカード挿入口にカードを入れます。その後、右隣のマシンカード挿入口にカードを入れます。カードが認識したらゲームスタート。まずはガソリンを購入します。規定金額にてガソリンを補給します。ガソリンの量によりレースの選択が可能です。ようはこのゲーム、ガソリンがなくなるとゲームオーバーになります。余っていれば、次回レースに持ち越すことが可能です。ガソリンがある状態でゲームを終了するかどうかは、プレーヤーの判断に任されます。

トレーニング

サーキットでテストラン!まずは車の状態をチェック。それに応じてセッティングをします。セッティング項目はひじょうに細かいです。車好きにはたまらないかも?走行量に応じてポイントが獲得できるそうです。ためたポイントは、後でパーツ購入に必要になります。

レース参加

ライバルと熱いバトルです。レース終了後戦績が表示され、それに応じてポイント獲得&ランクアップします。その後、パーツ購入ができます。ガソリン残量があれば、さらに走行可能です。

レース実況は、テレビ・ラジオでおなじみの辻よしなり氏です。業者日では予想以上に注目度が高かったこのゲーム、どうでしょうか?

r.p.m.REDの画面

 

r.p.m.REDの筐体

 

 

 

r.p.m.REDのポイント

 

r.p.m.REDのカード

◆カトウ製作所の三味線ブラザーズ

ある意味注目を浴びていた「三味線ブラザーズ」が展示されました。参考出展で完成度45%でしたが、多くの人で盛り上がっていました。画面は「太鼓の達人」のように、右から左にバチが流れてきます。画面のバチの流れてくる位置によってサオの握る位置を「上」「中」「下」と合わせて、バチがサオの部分に流れてきたらバチの金属面を三味線の弦に当てます。判定は、「悪」「可」「良」で判定。判定が良ければ気合いメータがたまっていき、これが一定以上でクリアできます。

ゲームモードは特になく、一人プレイか二人プレイかを決定した後は、すぐ曲選択に移りました。今回収録されていた曲は、以下の6曲です。版権曲が目立ちますが、「浪花節だよ人生は」「人にやさしく」をカバーしているのは、「三味線ブラザーズのテーマ曲」を歌っている人であります。

  • 三味線ブラザーズのテーマ曲(難易度3)
  • 亜麻色の髪の乙女(難易度2)
  • ハッピーサマーウェディング(難易度3)
  • おどるポンポコリン(難易度3)
  • 浪花節だよ人生は(難易度4)
  • 人にやさしく(難易度5)

三味線を首にかけるときのヒモが長く、どうやって三味線を構えたらいいか、それがうまくできずに最初は苦戦しました。特に、立ってプレイすると、安定しなくサオもうまく握れずよけいに苦戦でした。

三味線ブラザーズ、看板

 

三味線ブラザーズ、プレイ画面

 

 

 

三味線ブラザーズ、筐体横

 

三味線ブラザーズ、筐体下

三味線ブラザーズ動画★(Windows Mediaフォーマット。320×240、1.13メガ、19秒です。)

◆セガ・ナムコなど

セガブースは「F-ZERO AC」や「アヴァロンの鍵」がスゴイ盛り上がっていました。業者日でもプレイ待ちの列が長くて、両方とも結局プレイできませんでした。「F-ZERO AC」は、やっぱりスピード感がスゴイです。実際に見るとよくわかるというものです。「アヴァロンの鍵」は、「WCCF」のようにトレーディングカードを採用したゲーム。ファンタジー世界を舞台にしたボードゲームです。「アヴァロンの鍵」はやってみたかったです。私としては、「WCCF」よりこっちの方が面白いかなぁと思います。

F-ZERO ACの筐体

 

バーチャコップ3

 

 

 

アヴァロンの鍵

 

アヴァロンの鍵のカード販売機

 

 

 

アヴァロンの鍵、プレイまで何分待ち?

アヴァロンの鍵は一般公開日では120分待ちでした。
でも業者日でもこれぐらい混んでいたような?

ナムコブースは「タイムクライシス3」をメインに、「青春クイズカラフルハイスクール」などを出展していました。業者日は表の通路部分の筐体出展は全て「タイムクライシス3」だったのですが、一般公開日は「青春クイズカラフルハイスクール」を一部持ってきたりと、客層に応じてレイアウトを若干変えているところが他のブースになかったところかも?また一般公開日では、「青春クイズカラフルハイスクール」のイベントがありまして、ゲームに出演している声優「那須めぐみ」さんと「植田佳奈」さんが登場しました。イベントの様子を一部見て、ついでに写真も2枚ほど撮らせていただきました。この2人を生で見たのは初めてです。

青春クイズカラフルハイスクール

 

カラフルハイスクールのゲーム画面

 

 

 

イベント告知看板

 

タイムクライシス3

 

 

 

ナムコの企業ポスター?

 

ナムコの企業ポスター?その2

 

トップページ